名古屋市名東区一社駅徒歩2分!ホソイ漢方薬局│アトピー│婦人病のご相談も

漢方とは?

漢方とは?

数千年以上前、中国の豊富な自然植物を中心にして研究され発展した
中国伝統医学が日本に伝わり、日本の風土や日本人の体質に合うように
研究されて発展した医学を総称して漢方と呼んでいる。

漢方では適切に証を見極めて病気を未然に防ぐ未病を治すのが
漢方の基本。転ばぬ先の杖であります。

その自然植物を漢方では生薬(草根木皮・動物質・鉱物質)と言い
各々の働きがあり冷やすか、温めるか、虚証向けか、
実証向けかがあります。

漢方薬はいくつかの生薬を組み合わせて作られたものです。
漢方医学では人間に備わった感覚器の視覚、聴覚、嗅覚、
触覚などを総動員して患者をきめ細かく観察し、証を決定し、
その人に一番あった治療を行います。

証とはその人の体質や症状、すべてを含んだ体の状態のことです。
証の判定で一番の基本となるのはその患者が実証か虚証か寒証か熱証で
あるかであり、実証とは、病邪の闘争反応が充分に
発揮された結果として機能の異常亢進がおきたり、
病邪が停滞した場合を実証と言います。

実証は機能亢進を押さえ、病邪を追い出すことが
治療の原則となります。

虚証は正常な機能が衰えたり、エネルギー成分が不足した
状態を虚証と言います。

虚証は補う事が治療原則になります。

寒証とは、機能異常衰退的、委縮的、アトニー的な性質です。
顔色が白く、冷えてゾクゾクする場合です。一般的な冷え症も
これにあたります。
寒証は、温める事が治療原則です。

熱証とは、機能異常亢進的、炎症的な病の性質です。
顔色が赤く、熱を帯びホカホカしている状態、
ほてりなどの症状もこれにあたります。
熱証は冷やすことが治療原則です。
寒・熱は体温計による熱とは必ずしも一致しません。

身体全体の中でも虚の部分が有ったり実の部分が
有ったりと虚実・寒熱が錯綜している複雑な方もあります。

同じ病気でも証が違えば違う薬の処方がなされます。
違った病気でも証が同じであれば同じ処方であったりします。

ですから患者様には自分の証を知ることが大変重要なことです。
この虚証と実証の判断を間違えて漢方薬を
処方されると大変なことになります。

今、証はまったく無視され、病名イコール何々の漢方薬と
処方される場合が大変多くなっていますが非常に、
危険で怖い治療法ですのでご注意が必要かと思います。

病気が完治するどころか段々悪化しているケースを
よく見かけます。

漢方薬を服用して飲むのや香りが嫌だと思ったり、
1〜2週間服用しても何の変化がなければそれは、
貴方に合っていない漢方薬だと考えた方が良いかと思います。
また、漢方の専門家にしつかりと虚実・寒熱を見極めてもらってから
服用していただきたいです。