名古屋市名東区一社駅徒歩2分!ホソイ漢方薬局│アトピー│婦人病のご相談も

症例別治療

漢方症例別治療

関節痛・筋肉痛・神経痛の病気

関節痛、坐骨神経痛・三叉神経痛・肋間神経痛、リュウマチ、五十肩、腰痛、しびれ、痛風
ムチ打ち症、打撲、骨折、捻挫、帯状疱疹後神経痛。

天気が悪くなる前や季節の変わり目、冷えなどによって痛みがひどくなると
お見えになる方が多くいらっしゃいます。

帯状疱疹後神経痛のように、持続的に焼ける様な痛みや、一定の時間で
刺すような痛みをくりかえす。ほかにも、ひりひり、チカチカ、
づきづき、締め付けられる、電気が走ると表現されるような痛みを
感じることもあります、感覚が鈍くなる状態(感覚鈍麻)や
触れるだけで痛みを感じる状態(アロディニア)も良く視られます。

現代の医学では、膝関節に水が溜まれば、水を抜いたり、痛みや
炎症を抑える消炎鎮痛剤を頻用されたり、症状が酷い場合は
副腎皮質ホルモン剤やオピオイド系鎮痛剤も処方されたりしますが、
一時的に症状を抑える対症治療でしかありません。
かなり重症になると場合によっては神経ブロックが行なわれたり、
手術となることがあります。

漢方治療では、痛みの原因を根本から改善する手法で対応しますので、
痛みが徐々になくなると共に再発しにくくなります。
漢方薬を持続して服用し体質の改善に取り組んでください。
あきらめないで、痛みから解放され安らぎを手にしましょう。

冷えが主原因の時は、漢方では冷えたところを温め巡らす生薬、
桂皮(シナモン)、附子(トリカブト)等を用いて根本から改善します。
当薬局では5種類の桂皮を症状により使い分けしています。
冷えの強い時には健康保険で使用できない、
ベトナム産の良質の物を使用しています。

水滞が主原因の時は、体液の巡りが悪くなると、体液の偏在が生じ
関節に水が溜まりやすくなり低気圧が近づき湿気が多くなる
雨の前などになると症状が悪化します。

漢方では水滞を改善する生薬、皆様が良くご存じの、ヨクイニン
(はと麦の皮の去った物)ほかに白朮、防已を用いて根本から改善します。
血行が原因の時は、ムチ打ちや打撲、捻挫などで一部に血が停滞し
血行が悪くなり痺れや痛みを生じたり、疲労、使いすぎなどにより
血が不足し筋肉がつっぱり強ばったり痛んだりします。

漢方では血の滞りを巡らしたりする生薬、桃仁、丹参
血の不足を補う生薬、芍薬、当帰等。
特に芍薬・当帰は奈良の大和芍薬・大和当帰が
もっとも良いとされていますが、当薬ではそれらを用いています。
香りも良く女性の方の体には優しく作用します。
大和当帰、大和芍薬も女性の病にはよく用いられる生薬ですが
保険適用外となっています。漢方薬の原料の生薬には保険適用と
適用外があります。保険適用外の生薬は価格も高価になり、
品質も大変、厳選されています。

桂枝加苓朮附湯

関節痛、神経痛に使える漢方処方の専門薬がでました。
附子配合で特にしびれ、痛みの改善にお勧めです。
茯苓、白朮の働きで水分代謝をはかり、
膝に水がたまる方にお勧めです。
その他漢方生薬で、血行を良くし体力を
回復させるので、慢性的な痛みにお勧めです。