地下鉄東山線一社駅北一番出口、北へ徒歩2分!ホソイ漢方薬局│アトピー│婦人病のご相談も

ホソイ漢方薬局
症例別治療
漢方とは

生活習慣病

がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧・肝硬変・慢性腎不全

食生活や運動習慣、喫煙や飲酒などの生活習慣が主な原因となって発症、
進行する病気を生活習慣病といいます。代表的病気には糖尿病や高脂血症、
高血圧などがあります。進行すると命に関わる重篤な症状を
引き起こすので予防が大切です。

脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの
脂質の量が異常になった状態のことで、動脈硬化と密接なつながりが
あります。動脈硬化を起こした血管では、血管壁の内側にプラークと
呼ばれるふくらみができます。ここにはコレステロールがたまっていて、
プラークが大きくなると、血液の通り道が狭くなってしまいます。

プラークがやぶれると、そこに血液のかたまりができ、
血管が詰まってしまう場合があります。

これが冠動脈で起きれば心筋梗塞
脳の動脈で起きれば脳梗塞になります。

脂質異常症かどうかは、血液検査の結果で診断されます。

チェック項目

LDLコレステロール値140mg./dL以上、

HDHコレステロール値40mg./dL未満、

中性脂肪値空腹時採血で150mg./dL以上

脂質異常症を放置すると動脈硬化が進行し、狭心症・
心筋梗塞・脳梗塞などの危険性が高まるため、食事や
運動などの生活習慣の改善に励む必要があります

高血圧症  命に関わる病気を招く高血圧、年を重ねるにつれて増加する高血圧

仮面高血圧  診察室では正常で、家庭で血圧が高い、医療関係者が見つけることが困難

高血圧の診断基準値

上の血圧…140mmHg

下の血圧…90mmHg

上下ともこの基準値を超えている場合だけでなく、どちらか一方だけ超えていても高血圧となります。

血圧が140/90を超えると、脳卒中、認知症、心筋梗塞、
腎不全などの発症率が高くなります。

動脈硬化症

動脈硬化には2つのタイプがあります。1つは、血液中を流れる悪玉といわれる
LDLコレステロールが血管の内膜に溜まることで血管内腔を狭め、血液がスムーズに
通せなくなり、血流が悪化するアテローム動脈硬化とよばれる。

もう1つは、血管の中膜の部分にカルシュウが沈着して血管が硬くなる
石灰化と呼ばれるタイプ

動脈硬化の危険性が高いのは、脂質異常症、内臓脂肪型肥満、
高血圧、糖尿病、骨粗しょう症、睡眠時無呼吸症候群など。

動脈硬化の検査

ABI検査  ABI=足首の上の血圧/上腕の上の血圧

足首が上腕より低い場合、閉塞性動脈硬化症の可能性があり

PWV検査 血管の硬さを調べる検査

FMD検査   血管の老化の検査

閉塞性動脈硬化症

動脈硬化症が進むことで動脈そのものが狭くなったり詰まってしまったりする病気で、
主に下半身の動脈に起こります。

太もも、ふくらはぎが狭くなったり詰まったりすると、血流が途絶えて酸素や栄養が
送れなくなり、さまざまな症状を引き起こします。

その結果間欠跛行などにより歩くとふくらはぎの筋肉に痛みを感じ、
しばらく休むとまた歩ける。

さらに閉塞性動脈硬化症が進行すると栄養が行き届かないことで皮膚の傷が治らずに
潰瘍となったり、最終的には壊死を起こしたりします。

閉塞性動脈硬化症の検査診断

ABI(足関節上腕血圧比)検査正常値 1,00~1,40

0、90以下だと閉塞性動脈硬化症の疑い有り、生活改善が重要

喫煙、高血圧、糖尿病、脂質異常症、のある場合は禁煙、
血圧、血糖値、コレステロール値の管理が必要。

薬物、歩行訓練(早歩き)、食事療法
(食物繊維を十分摂取、魚中心)が重要

大動脈解離

大動脈は心臓からの血液を全身に運ぶ、おおもとの血管です。

大動脈解離では、まず一番内側の膜に傷ができ、その亀裂から、血液が膜の
層の間に入っていきます。

血液の流れ込む圧力によって、真ん中の層が裂けると、その間に血液が
たまっていきます。

これが大動脈解離です。大動脈が破裂することもあります。

大動脈が破裂してしまうと、病院に到着前に命を落とす患者数は6割といわれています。

原因は、高血圧、喫煙、動脈硬化によって血管がもろくなり傷つくと考えられています

大動脈瘤

大動脈は体の真ん中を通り、心臓に直接つながっている最も太い動脈です。

この動脈の一部がふくらんでしまうのが大動脈瘤です。

大動脈瘤・・・・・胸部大動脈瘤と腹部大動脈瘤

胸部大動脈瘤は大動脈弓に多く起こります。
腹部大動脈は最も多い大動脈瘤で、多くは大動脈が
左右の脚に分かれる少し上流にできます。

大きくなると、風船と同じで突然に破裂して大出血を起こし、命取りになります。

胸部大動脈瘤は瘤が大きくなると声帯を動かす神経が圧迫されて麻痺し
しわがれた声むせ込みやすくなることがあります。

腹部大動脈瘤はおなかに脈打つ塊に気ずくことがあります。

大動脈瘤が起こる原因は動脈の老化です。高齢者、高血圧、脂質異常症、
喫煙、家族に大動脈瘤を発症した人は危険因子がある場合は
大動脈瘤の危険があります。

糖尿病

血液にのってブドウ糖が全身をめぐり、全身の細胞に取り込まれ、
エネルギー源として使われます。

血液中のブドウ糖は、食事をすると増えますが、その多くは
すい臓から分泌されるインスリンの働きによって肝臓、筋肉、脂肪組織に蓄えられます。

その結果血液中のブドウ糖が減ります。インスリンの仕組みが
うまく働かないために、ブドウ糖が肝臓などに取りこまれず、
血液中増えてしまうことがあります。

このような原因で慢性的に血糖値が高い状態を糖尿病といいます。

インスリンの取り組みがうまく働かなくなる原因

すい臓のインスリンの分泌低下

、 肥満によるインスリンの働きが悪くなる、インスリン抵抗性、

筋肉量の減少でブドウ糖消費量が減って血糖値が上がる

糖尿病患者の血糖管理目標

一般成人  HbA1c(ヘモグロビンA1c) 7,0%未満

高齢者は一人ひとりの健康状態に応じて7%未満~8,5%未満

高齢者は薬物の効きすぎによる低血糖に気を付ける。

重い低血糖症状をおこすと、心筋梗塞、脳梗塞、認知機能低下、転倒、骨折、の リスクが高まる

糖尿病の三大合併症

糖尿病網膜剥離

目の網膜の細い血管障害

糖尿病腎症

老廃物などが体内に溜まる、必要なタンパク質が尿漏れる
早期発見は尿中アルブミン検査が有効
血圧管理130/80mmHg未満、通常の血圧より厳しく管理
減塩1日6g未満、進行するとタンパク質やカリウム制限

糖尿病神経障害

体の感覚をつかさどる抹消神経が傷ついて起こる
足の指や足の裏のしびれ、痛み、感覚まひ
内臓の働きを調整する自律神経が傷ついて起こる
胃のもたれ、便秘、下痢、立ちくらみ

がん・認知症も糖尿病合併症と考えられています。

脂肪肝 肝硬変

肝臓に脂肪がたまった状態、肝臓の細胞の3割以上に脂肪がたまると
脂肪肝と診断されます。動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中など
引き起こす可能性がたかまります。

原因

肥満(食べすぎ、運動不足)。急激なダイエット。アルコールの取りすぎ

改善策

食事。食べ物はすべて肝臓に運ばれますので飲み物はジュース我慢して、
お茶や水が良いです。運動は1日30分の早歩き。

サルコペニア

加齢や生活習慣などの影響で、筋肉が急激に減ってしまう状態
歩くのが遅くなった。手すりにつかまらないと階段をあがれない。

ペットボトルのキャップを開けにくくなった。

サルコペニア予備群

やせている(BM18,5以下)75歳以上の高齢者。
メタボで脚が細い。ダイエット目的で食事制限だけ行い
運動しない若い女性。

メタボ

内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・脂質異常症の
うち2つ以上の症状が一度に出ている状態をいう。

日本では、2000万人のメタボ予備軍。

メタボは、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞など、さまざまな病気を引き起こして、
年間約280万人もの命を奪っている恐ろしい体の状態で、食べすぎや運動不足で
体内のエネルギーが過剰になり、余ったエネルギーを脂肪として
蓄えられパンパン状態になると、免疫の暴走が起こり色々な場所を痛めつけ、
心筋梗塞、脳梗塞、腎臓病、糖尿病などを引き起こしてきます。

狭心症 心筋梗塞、

長い胸痛はなく、むしろ痛みより不快感や重圧感といったことが多く、
痛みも前胸部とは限らず、背中や首、胸、肩、腹部に起こってくることもある。

心臓に血液を送っている冠動脈の一部に異常が起き、流れにくくなって、
心臓の筋肉(心筋)が弱くなってしまうもの。

さらに、冠動脈に血栓が詰まって血流が途絶え、周囲の心筋が壊死してしまうのが心筋梗塞です

微小血管狭心症

女性ホルモンの不足、  更年期の女性に多い

運動時にも、安静時のも起こる

心臓を取り巻く冠動脈から枝分かれした先の細い部分が微小冠動脈で、心筋のすみずみまで
酸素や栄養を供給しています。この微小冠動脈が十分に拡張しなかったり異常に収縮したりすると、
冠動脈の太い血管は正常でも、血液が心筋に十分に行き渡らず胸痛などがおこることがあります。

これを微小冠動脈狭心症といいます

漢方では古い時代から、狭心痛や心筋梗塞に当てはまる病名があります。

胸痺という名前で、これは心臓部や胸の痛み、胸から背中に通り抜けるような痛み、
心臓を下から槍で逆さに突き上げるような痛みなどを起こしてくる病気をいっています。

狭心症や心筋梗塞の痛みによく似ています。栝楼仁(かろにん=キカラスウリの種子)
,薤白(ラッキョウ)などの生薬を含んだ漢方薬で治すとされています。

近年では脳と心臓の血管などを蘇(よみがえ)らせ、血液をサラサラにする漢方生薬、 丹参がございます。

冠丹元

丹参(タンジン)を主剤とし、
6種類の生薬が配合された漢方薬

一日3回食前又は食前に水又は白湯にて服用。
成人(15歳以上)1回1包

冠丹元あなたの血液、血管は健康ですか?

血液サラサラ、血管しなやか

こんな症状気になりませんか?

動悸、胸痛、頭重、頭痛、めまい、肩こり、手足のしびれ
下半身の浮腫 血行不良の症状です。

中年からの健康をサポート
健康な血液は、血管を通じて身体のすみずみまで酸素や栄養を配達し帰りには、
二酸化炭素や老廃物を回収するという大切な役割をもっています。

スムーズに流れている 血液が何らかの原因で、ドロドロと
粘り気を増して流れにくくなったり、 血液が詰まって流れなくなると、
様々な病気の原因になります。

また、血管が加齢とともに血液の壁の弾力性が無くなり、 動脈硬化が進み、
血管内部に老廃物がたまり、血流が悪くなります。

動脈硬化は高血圧や糖尿病の生活習慣病をはじめ、肥満、運動不足、 偏食、ストレス、お酒、タバコ、睡眠不足などによって 進行が早まります。

健康な血流を確保することが、大切なポイントです。


冠丹元顆粒は、丹参を主剤とした生薬製剤です。
※丹参とは、シソ科のタンジン根を乾燥させた物。 サルビアの一種で初夏から夏に、淡い紫の花を咲かせます。

丹参の働き

  • ・血管を広げ、血流量を増やす
  • ・血圧を下げる
  • ・血栓ができるのを防ぐ
  • ・血液の粘度を下げサラサラにする
  • ・血管の老化を防ぐ
  • ・血液や血管が活性酸素に侵されるのを防ぐ

臨床応用 狭心症、不整脈、心筋梗塞の予防、

脳血管疾患の回復期
(病後の半身不随の改善や、再発要望に効果が期待できる)

高血圧(手足のしびれ、頭重)

脂質異常症、痴呆症、肝臓疾患

瘀血症(頭痛、疼通、月経不順、月経痛、無月経)

決して、素人診断はせず専門医によく相談され、生活習慣を見直され、食事療法・運動療法を取り入れてください。体質改善、症状改善に漢方薬療法も取り入れてください。 私どもの店に多くのお客様が漢方薬のご利用にお見えになられ、大変お元気になられて快適な毎日を送ってお見えになります。 お気軽にご相談にお越しください。