地下鉄東山線一社駅北一番出口、北へ徒歩2分!ホソイ漢方薬局│アトピー│婦人病のご相談も

ホソイ漢方薬局
症例別治療
漢方とは

牛黄と田七人参

強心作用・高圧作用・肝臓保護・抗炎作用・解熱作用・鎮静・鎮痙・心臓疾患・更年期障害

私どもの薬局に相談を来られるお客様で最近は、牛黄と田七人参を
希望される方が多くなってきました。
そこで、牛黄と田七人参の主な薬効について
簡単ですが、ご説明させていただきます。

牛黄とは

牛黄は、牛の胆嚢や胆管中に稀に発見する「結石」を
乾燥させたもので、「上薬」(命を養う薬)に選別
され、起死回生・不老長寿の妙薬として
代々の皇帝に珍重されたといわれています。
一般的にはオーストラリア産のものが最良のものとされ
牛1、000頭の中から1頭の割合でしか発見されない
大変貴重な生薬の一つです。

牛黄の効き目は古来よりよく知られており、医学、薬学が
高度に発達した現代においても、その需要は増加の一途を
たどっています。

金よりも貴重なこの生薬は、その昔中国では皇帝へ献上
されるものとして、また日本では「大宝律令」のなかに
牛を殺した際に牛黄がみつかれば政府に献上するように
記載されている程です。

また、薬好きで有名な徳川家康も愛用していたといわれ、
一説には、水戸黄門として知られる、徳川光圀も印籠の中に
牛黄を携帯していたというエピソードもあります。

牛黄は、
「心臓から体の隅々までキチンと血液を巡らせてくれる」
大変優れた薬です。

私どもの薬局では、最高品質の「オーストラリア産」のみ提供しております。 また、一回分ごとに薬包紙にお包みしお渡しいたします。
一回…100mg〜300mg
1g 10,000円(税別)

健康で長生き

長城清心丸

牛黄製剤

牛黄の効果・効能

強心作用(心臓の働きを高める)

心臓(心筋)の働きを高めて、どうき・めまい・むくみ等を軽減します。

旅行やゴルフのラウンド中に胸が苦しくなり、服用したら楽になりました。
明け方に胸が苦しくなり服用したら、落ち着きました、それから枕元に置いて寝ています。

降圧作用(高い血圧を下げる)

毛細血管を拡張させて、血行を改善し、
肩こり・頭痛・めまい・のぼせ等を和らげます。

普段から血圧が高めで時々フラフラするので試してみました。
おかげさまですっかり元気になり、いまは疲れを感じた時に飲むようにしています。

赤血球新生促進作用

赤血球を増やす、貧血、立ちくらみ、血行不良などを改善します。

肝臓保護作用(肝臓の働きを助ける)

肝臓に作用し、胆汁生成を促進します。
また、胆嚢の周りの筋肉を収縮させ胆汁分泌を促進します。
疲労倦怠感、二日酔い、肝臓機能障害、慢性の下痢などに効果があります。

抗炎症作用(炎症を抑える)

体内各所の炎症を抑えるので、内臓疾患から皮膚病まで広く役立ちます。

解熱作用(熱を下げる)

病気をこじらせて、身体の内に入り込んだ熱を
体外に発散させる働きがあります。

仕事が休めず風邪をこじらしてしまい、一週間も微熱が続き、だるく、
特に夕方発熱を繰り返したので服用したところ、身体のだるさが和らぎ、翌日には平熱になりました。

抗ウイルス作用

ウイルスの活性を抑えて風邪などの症状を緩和する

3歳の娘が風邪をひくと、「あのお薬ちょうだいと」自分から欲しがる。

鎮静作用(神経を和らげる)

神経の興奮を和らげて、イライラ・不眠といった症状を鎮めます。

ピアノ演奏会の当日、不安と緊張に押しつぶされそうになりましたが、
友人にすすめられて服用したところ、気持ちが落ち着き、滞りなく演奏を成し遂げることができました。
精神的な疲れでなかなか寝付けない日が続いていましたが、
服用したら気分が楽になりぐっすり眠ることができました。

鎮痙作用(けいれんを鎮める)

手足のけいれんをはじめ、
腰痛やさしこみなどの症状にも効果があります。

抹消神経障害改善作用

手足のしびれなどの抹消神経血管障害を改善します

脳梗塞で倒れて左半身不随になりました、リハビリしながら服用したところ、改善が見られました。

感染性疾患の敗血症期の意識障害

身内で 抗菌剤が効きかず治療に苦慮している時、併用により劇的に回復しました。

田七人参とは

田七人参は雲南省の特産で、収穫には3年〜7年かかります。
幻の人参「田七」は中国では明の時代から「金不換」と称され、
貴重なものとして1960年代まで輸出が禁じられていました。

中国・明代に編纂された漢方書「本草網目」では、傷口をしっかり
ふさぐ止血作用があるほかに、相反する血行促進の作用を
合わせ持っており、打身、切傷、鼻血、吐血、婦人病、
循環器疾患、胃や十二指腸など内臓の出血に
幅広く使われています。

田七人参の主な効果・効能
  • 肝臓機能の疾患の方(疲れの激しい方、お酒の量の多い方)
  • 糖尿病を気にしている方
  • 高血圧、低血圧を気にしている方
  • 脳卒中(脳出血、脳梗塞)を気にしている方
  • 出血性疾患(眼底出血、胃、十二指腸、痔など)が心配な方
  • 不正性出血や月経過多の紫黒色の血塊の改善
  • 打撲捻挫による内出血、外傷による出血の止血、消腫止痛の効果
  • 心臓疾患(冠状動脈疾患、狭心症)を気にしている方
  • 血流の改善と同時に心筋の酸素消費量を減少させる。
  • 更年期障害(不眠症、冷え性、肩こり、腰痛)を気にしている方
  • リュウマチ、関節炎の炎症抑制

等にお勧めできます。

田七人参が有名になったのは・・・・

アメリカ軍がベトナム戦争のとき、ベトナム兵士が止血の特効薬として
使用して注目されました。

田七人参が使われている中国の代表的な医薬品は、「片仔廣」
(肝機能障害の特効薬)(鎮痛止血)で日本でもよく知られています。

田七

500g粉末 100g粉末

300g顆粒状 90包顆粒