地下鉄東山線一社駅北一番出口、北へ徒歩2分!ホソイ漢方薬局│アトピー│婦人病のご相談も

ホソイ漢方薬局
症例別治療
漢方とは

皮膚病 アトピー性皮膚炎 ニキビ 湿疹 かゆみ

アトピー性皮膚炎、ニキビ、吹き出物、乾燥肌、肌荒れ、赤ら顔、脂漏性湿疹、
酒さ(顔が赤くほてる、赤い吹き出物、赤い血管が浮き出て見える)・酒さ様皮膚炎、
急・慢性湿疹、自家感作性皮膚炎、蕁麻疹、ベーチェット病、主婦湿疹(手の荒れ、痒み)、
円形脱毛症、カンジタ症、癜風、白癬、薬疹、足のひび割れ、 ヘルペス、帯状疱疹、
日焼け、あせも、虫刺され、乾癬、シミ

アトピー性皮膚炎、かゆみ、タダレ、黒ずみ、アレルギー性皮膚炎、 しつこい急性・慢性湿疹、ニキビ、吹き出物 もう早く治したい
皮膚がかゆい。赤味が強い、ブツブツが出ている。どす黒くなっている。所どころシミになっている。カサカサとして、パラパラと粉をふく。 ジユクジュク汁が出ている。かゆくて夜も寝むれず、体調を崩され、ほとほとお困りのあなたあきらめていませんか。
ジユクジュク汁が出ている。かゆくて夜も寝むれず、体調を崩され、ほとほとお困りのあなたあきらめていませんか。

ずっとステロイド軟膏を使ってきたが、だんだん効かなくなり、
さらに強力な軟膏になっている。

皮膚病の範囲が初めは小範囲であったが段々広がりこの先心配。
ステロイド軟膏を使えば一時的に症状はよくなるが、
使わないでいるとまた悪化しその繰り返し。

根本的に治したい。

以前ステロイドを離脱したら、リバウンドが酷かった。

再度離脱したいがリバウンドがない方法があれば試したい。

皮膚科で治療しても良くならず、大変お困りのお客様が
多くお見えになります。

アトピー性皮膚炎、なかなか治らない皮膚病、湿疹、ニキビ、カブレ。 今までの漢方薬や治療法でよくならないあなたに・・・・・ 朗報

まず私どもが厳選しました、桜皮、連翹、薏苡仁など13~17種の生薬を
煎じた漢方薬を試飲していただき、山豆根、竹葉など配合しました
外用薬を患部に試用して頂きます。

その場で必ず納得していただきましてから漢方薬をお出し致します。

症状により漢方薬は初回は煎じ藥を14日分処方しお出ししております。

この服用期間に毎日肌で感じ、目で見て分かり、良くなっていくのが確認できます。

皮膚病の漢方薬はエキス顆粒剤、錠剤中心に市販、処方されて簡単に服用されていますが、
私どもの煎じの漢方薬を服用されたお客様は、漢方薬の効き目が今までと違うとおっしゃいます。

皮膚病の漢方薬は本来昔から煎じて服用しておりました。

漢方薬専門店が今でもその方法をお勧しますのは、
それが、一番効き目が良いと分かっているからです。

お客様の訴えられる様々なな皮膚病の症状は、植物に例えると枝葉に当たりますが、
病気の基はその根っこにあります。

人間の体で言いますと、その根っこは五臓(肝、腎、心、肺、脾)に
あってそのバランスの乱れが、体の皮膚に痒い、痛い、ただれる等の不愉快な症状として現れます。

枝葉を見て治療するのではなく、それに関連する五臓のバランスの乱れを正常にするようにします。

其れは漢方薬は五臓のバランスの乱れを改善するように処方されているからです。

その人の身体の何所に邪熱があるのか、或いは冷えているのか。

又身体全体機能が低下或いは不足しているのか、逆に機能が過剰に
働き過ぎ異常に亢進しているのか、気血の流れが滞り停滞しているのかを確かめ見極め、
寒熱、虚実、気血の働きを改善する必要があります。

何々の皮膚病だからと言ってこの漢方薬だとはかぎらないのです。
お客様一人一人の全体像を診て、同じ病名であっても個々の病人の現す症状が違います、

症状と体質を見極め、漢方薬を処方します。

その為に初回のご相談は時間をかけて行います。

その後のお客様の状態を診ていきますので、
初めから何週間もの沢山の漢方薬をお出しする事ができません。

自分に合った漢方薬を服用していただきますと、
体の内面から邪気をだし、皮膚病が良くなっていきます。

小便が気持ちよく出、胃腸の働きも良くなり便通が改善され、身体が軽く疲れがなくなり、
気分も落ち着き、イライラや不安もなくなり、熟睡ができ頑張りがきくようになります。

内臓や内分泌の失調をうつす鏡である皮膚、髪、爪は潤いのある状態になり嫌な肌の病気も治っていきます。

久しく服すれば病に耐える体になります。

辛い苦しみから一日も早く良くなりますように皆様方と一緒に頑張って参りたいと思います。
何なりとご相談下さい。 是非一度、御来店を心よりお待ち申し上げます。

皮膚病に使用される生薬の一例
生薬とは天然物で、植物、動物、鉱物由来ものに簡単な加工すなわち乾燥、切断などの加工をして、薬用にしたものです。その生薬の組み合わせにより漢方薬は構成される。
芍薬
ヤマトシャクヤクの根、血の巡りをよくし、皮膚の再生を促す。
枳実
ダイダイ、ナッミカンの未果実。アレルギー体質改善、かゆみに用いる。
連翹
レンギョの果実 消炎,利尿,排膿,解毒薬として,瘡瘍の炎症,皮膚病などに応用する。
柴胡
ミシマサイコの根 炎症を鎮める作用があります。柴胡のサイコサポニンという成分にはステロイドホルモンと同じように免疫の過剰反応を抑える作用。
薏苡仁
ハト麦の種子 肌を滑らかにする効果があります。シミ、ソバカス、肌荒れ、アトピー性皮膚炎の改善に効果があります。
茯苓
サルノコシカケ科の菌種の一種 血管に水分を引き込み血液の粘りを取り皮膚を潤す。
当帰
ヤマトトウキの根 血行をよくして化膿性炎症、潰瘍の治療を促進する。
地黄
カイケイジオウの根 免疫力を高め、皮膚の再生、アレルギー体質改善、保湿効果。
黄耆
キバナオウギの根 皮膚の再生を促す、保湿作用。
白朮
オケラの根茎 腸内の異常発酵を抑え皮膚のトラブルに効果があります。
牡丹皮
ボタンの根皮 血中の熱を冷ます、炎症、鎮痛、などの効果があります、ニキビなどの腫れものや、腹痛、痔、頭痛などの症状に用いる。
桃仁
モモの種子。消炎、鎮痛、瘀血と呼ぶ血行障害の治療藥などに用います。
大黄
瀉下、清熱、駆瘀血の作用があり、便秘、熱性疾患、打撲に用いる。
蝉退
蝉の抜け殻、皮膚の赤味や痒みを押させる漢方薬として使用します。
桂皮
シナニッケイの樹皮 毛細血管を拡張し、肌に酸素やコラーゲンの元となる栄養素を運搬する助けに。
石膏
天然産の含水硫酸カルシウム、皮膚の炎症を鎮め、皮膚の保湿作用、アレルギー体質改善に使用します。
桔梗
キキョウの根 秋の七草の一つ、皮膚の化膿性疾患に用いる。
漢方薬の外用薬
ローション
30ml   400円
軟膏
30g  1800円(税別)
40g  2700円(税別)
かゆみ、かさかさ肌、ただれに大変好評です。

各々の生薬の働きを、長年の研究と経験による組みあわせにより、 様々な皮膚病の症状が改善し、
漢方薬を服用された 多くのお客様にご満足いただき本当に 良かったと喜びの声をいただいています。