名古屋市名東区一社駅徒歩2分!ホソイ漢方薬局│アトピー│婦人病のご相談も

症例別治療

漢方症例別治療

泌尿器の病気

膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大、前立腺炎、頻尿、夜間尿、腎炎、結石

慢性腎炎は漢方では免疫調整節作用のある柴胡剤と水分代謝調節作用
のある五苓散、また残余窒素が高くなっている場合は大黄を含む
漢方薬を合わせて治療を行い進行を防ぎ、
副腎皮質ホルモン剤の減量も可能です

膀胱炎は女性に多くみられる慢性の泌尿器疾患で
長期間にわたり再発を繰り返し悩みの種になります。
現代の医学では抗生物質が治療に用いられますがこの場合、
抗生物質をいつやめられるかが問題となります。

中止すれば、再発する可能性が高く、そのたびに抗生物質と
利尿剤の投薬を繰り返すことになってしまいます。

漢方治療では再発しにくい状態にしていくことができます。
前立腺肥大、頻尿、夜間尿は高年齢の男性にしばしばみられる
慢性の泌尿器疾患です。初期の症状は排尿困難。
尿が出始めるまで、出終わるまでに時間がかかったり、
頻尿(とくに夜間頻尿)や尿放出力の低下、
また尿線が細くなったり、たらたら垂れるようになったり、
強い腹圧をかけなければ排尿できないなどの症状になります。

この時期に治療せずそのまま進行すると残尿が現れてきます。
これは感染を起してさまざまの合併症を招く危険が大変高くなります。
現代の医学では手術による治療が主です。
漢方薬は患者の体質とそのときの状態に応じて
膀胱刺激の初期から手術不適応期に至るまで、
症状を改善することができます。

リバイチンS

近頃気になりませんか?

  • ・尿が漏れる
  • ・我慢が出来ずにもらす
  • ・尿の勢いが弱い
  • ・オシッコが近い
  • ・夜中に何度もトイレに起きる
  • ・りきんでもオシッコが出にくい
  • ・残尿感がある
  • ・腰が痛い
  • ・疲れやすい
  • ・視力が衰えた

こんな症状を覚えたら要注意!

若いと思っていても老化ははじまっています。
こんな時は、腎の補強対策を

漢方では、老化を腎の衰えによって起こる現象と考えています。 漢方でいう腎とは、腎臓だけでなく、尿やホルモンを調整し体全体の機能を円滑にする 働きを含んでいます。そしてこの衰えた腎の機能を高める漢方薬が八味丸加人参です。

中高年になると起こりがちな疲れやすく、根気がない、肩や首筋の後ろがこる、 腰が痛い、足がしびれやすい、下肢が痛い、むくみが出てきた、 目がかすみ、細かい文字が読みづらい(白内障、飛蚊症) 全身にかゆみを覚える、のどが渇き、よく水を飲みたくなる(糖尿病) 物忘れしやすくなった

この様な方は是非一度お試しください。