地下鉄東山線一社駅北一番出口、北へ徒歩2分!ホソイ漢方薬局│アトピー│婦人病のご相談も

ホソイ漢方薬局
症例別治療
漢方とは

泌尿器 腎臓 膀胱 前立腺

慢性腎炎、IgA腎症、ネフローゼ症候群、慢性腎臓病、前立腺肥大、頻尿、夜間尿、 尿路感染症(前立腺炎、膀胱炎、尿道炎、腎盂炎)尿路結石、尿漏れ

腎臓は尿だけではなく、血液や水分、ホルモン、などを通して体内環境を全体にわたって調整する役割する大切な臓器です。 もし腎臓に異常が起こると、体のさまざまな部分にいろいろな障害が生じます。

腎臓ってどんな働きをするの?

腎臓はろ過して老廃物をからだからおいだす。腎臓は血液をろ過して老廃物や塩分を尿として体の外へ排泄します。

さらに、体に必要な物は再吸収し、体内に留める働きをします。

"腎臓は血圧を調整する、腎臓は、塩分と水分の排出量をコントロールすることによって血圧を調整しています。

腎臓は血圧を維持するホルモンを分泌し、
血圧が低いときに血圧をあげます。

腎臓と血圧は密接に関係し、腎臓の働きの低下によって
高血圧になることがあります。

高血圧症は腎臓に負担をかけ、腎臓の働きを悪化させます。

腎臓は血液をつくる命令を出す、血液(赤血球)は
骨髄の中にある細胞が、腎臓から出るホルモン(エリスロポエチン)
の刺激を受けてつくられます。

腎臓の働きが悪くなると、このホルモンが出てこなくなってしまうため、
血液が十分つくられず貧血になります。

腎臓は体液量、イオンバランスを調節する。腎臓は体内の体液量や
イオンバランスを調整したり、体に必要なミネラルを
体内に取り込む役割も担っています。

腎臓が悪くなると体液量の調節がうまくいかないため、
体のむくみにつながります。

また、イオンバランスがくずれると、疲れやめまいなど、
体にさまざまな不調が現れます

腎臓は骨の発育、骨の発育には複数の臓器が関わっています。
腎臓はカルシウムを体内に吸収させる
必要な活性型ビタミンDをつくっています。

このように腎臓はたくさんの働きをしています、
非常に重要な役割を持っています。

あなたの腎臓は大丈夫、 腎臓病になる原因はなに、どんな症状が現れるの

体内に老廃物が溜まっていく

体に本来なら排泄される老廃物がたまっていくことによって、尿毒症を引き起こす可能性があります。

血圧の調整が効かなくなる。

血圧の調整が効かなくなることによって高血圧となり、さらに腎臓に 負担がかかるという悪循環にはいります。

血液が作れない

骨髄に対して血液を作るように呼びかけるホルモンの分泌量が低下します。
その結果、血液の量は低下し、動悸や息切れ、 めまいの症状のある貧血になります。

電解質のイオンバランスが保てなくなる

腎臓の機能低下によって尿の量が減っていきます。量が減ることによって本来なら過剰な分は
排泄されるはずができなくなり、電解質のナトリウムやリンなどのバランスが保てなくなります。

骨が弱くなる

腎臓は骨の発育に欠かせないビタミンDの活性化をする役割がありますが、
機能が低下すると活性化できず、骨が弱っていきます。

また最近は腎臓病が運動不足や過食、肥満、飲酒、喫煙、ストレスなどの生活習慣として、
最近何かと話題になっているメタボリックシンドローム(メタボ)の症状である、
高血圧症・糖尿病・脂質異常症は腎臓の働きを低下要因です。

メタボリックシンドローム(メタボ)の人は 慢性腎臓病(CKD)になりやすいと言われています。

そのため日ごろから、腎臓の状態に気を配る必要がありますが、
腎臓病はかなり悪化しないとはっきりした自覚症状みられません。

気が付いたときには、尿毒素を起こしたり、人工透析を必要とするなど、
重症化していることが少なくないのです。

腎臓の機能は低下していないか、異常はないか調べる検査項目

タンパク尿 尿潜血 血清クレアチニン(CR) 血液尿素窒素(BUN)
推計糸球体腎炎濾過量(eGFR)クレアチニン・クリアランス(Ccr)
微量アルブミン(ALB) 赤血球(RBC) ヘモグロビン(HB)

これらの数値により、腎機能の状況を見極めることができます。

腎臓は一度あるレベルまで悪くなってしまうと、自然に治ることはありません。放っておくと、どんどん進行して、人工透析や腎臓移植を行わなければいけなくなる可能性があります。

腎臓病を悪化させないために

日々の生活習慣の改善:

禁煙し、アルコールを控え、適度な運動をすることが重要です。

毎日の食事で気をつけること:

塩分の取りすぎに注意し、タンパク質は過剰な摂取をしないように気をつけましよう。
十分なエネルギーの補給、エネルギー不足では、栄養状態が不良なります。

腎臓病(CKD)ステージにあわせて:

カリウム、リン、水の摂取を制限する必要があります。

糖代謝管理、脂質代謝管理、血圧の管理、

貧血の改善、老廃物を体から追い出す

活性型ビタミンDを補い、骨のもろくなるのを防ぎます

慢性的な腎臓病の漢方

漢方薬では、体に溜まった余分な水分や毒素を、少しでも多く尿として
排泄することをおこないます。

体調がよくなってきます。

現代医薬と併用することによって効果の増大と
有害作用の軽減が期待できます。(利尿剤やステロイド剤の併用可能)
漢方薬で腎臓に働きかけ、継続服用で進行を遅らせたり、
止めたりすりことが期待できます。

安全性が高く、長期継続服用や無症候性腎炎にも使用できます。

腎臓病の漢方薬を服用されている方が多くお見えになります、
お気軽にご相談にお越しください。

尿路感染症(腎盂炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎)

特に膀胱炎は、
女性の方に非常に多くみられる慢性の泌尿器疾患です。

抗生物質、抗菌剤などが使われていて、その結果一時的に良くなる。

しかしまた膀胱炎になり、再発を繰り返し慢性化し、膀胱炎が治った後にいつまで経っても症状が取れない。

排尿中に違和感がある、排尿回数が多い等悩みの種になります。

そこに漢方薬治療の出番です。

疲れたり、寒さになどにあたって膀胱炎を繰り返す人、夏はいいが冬に膀胱炎を起こす人は
体質的に冷えが当然基盤にあります。

更年期ではよく下半身が冷えて、それに寒冷刺激が加わって膀胱炎になります。

抗生物質で治りきらないもの、慢性に繰り返すものが漢方治療の適応となり、
とくに慢性膀胱炎では効果が高い。

これ等の感染症が抗生物質で治らないのは体の防禦機能に問題があります、
漢方薬でよくなるのは体の免疫能をたかめるからです。漢方薬にも抗菌作用のものがあります

前立腺肥大は年取った男性にしばしばみられる、
慢性の泌尿器疾患です。初期症状は排尿困難。

尿が出始めるまで、出終わるまでに時間がかかったり、
頻尿(とくに夜排尿回数が多くなる)や尿放出力の低下、また尿線が細くなったり、
尿が漏れたり、強い腹圧をかけなければ排尿できないなどの症状があります。

漢方の目から見れば腎が虚してくるということと関係しています。

腎虚になれば老化に伴う足腰の弱りや、視力の低下、耳が遠くなる、
精力減退、物忘れ、骨がもろくなる症状がだんだん出てくると同時に
夜間の尿が近くなるのもその一つ特徴です。

この時期に治療せずそのまま進行すると残尿が現れてきます。

これは感染を起してさまざまの合併症を招く危険が大変高くなります。

現代の医学では手術による治療が主です。

漢方薬はお客様の体質とそのときの状態に応じて膀胱刺激の初期から手術不適応期に至るまで、
症状を改善することができます。

尿が漏れる、我慢が出来ずにもらす、

・尿の勢いが弱い、オシッコが近い、夜中に何度もトイレに起きる

・りきんでもオシッコが出にくい、残尿感がある

・腰が痛い、下肢が痛い、足がしびれる、むくみが出てきた、

疲れやすい、根気がなくなった、視力が衰えた、目がかすむ、細かい字が読みづらい
全身にかゆみ覚える、のどが渇き、よく水を飲みたくなる(糖尿病) 物忘れしやすくなった。

こんな症状を覚えたら要注意!

若いと思っていても老化ははじまっています。
こんな時は、腎の補強対策に、
牛車腎気丸や杞菊地黄丸等の服用をお勧めします。